一般外来outpatient care

クリニックでは内科全般から小外科領域まで幅広い悩みをサポートします。

内科outpatient care

一般外来

風邪やインフルエンザ・花粉症など季節性のものはもちろん、予防接種や健康診断の結果で異常が指摘されているとき、便秘や肥満、膀胱炎など些細な日常の体の不調がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

あなたの悩みに合わせ、血液検査や尿検査、超音波検査や内視鏡検査(胃カメラ)など精密検査を行います。クリニックで診断・治療が困難な場合には、連携しています専門医療機関へ紹介状(診療情報提供書)をもって受診することが出来ます。

体調不良の程度によって点滴注射治療(補液、ビタミン、プラセンタ)も行っています。

クリニックでは若い世代から年配のかたが気になる生活習慣病睡眠時無呼吸症候群や、もの忘れの治療にも力を入れております。
また、消化器疾患も合わせて専門的に診療いたします。「わかってはいるんだけど」・「気にはなってはいるんだけど」と、少しの不安があるときには、ぜひ、お話ください。

健診についてoutpatient care

クリニックではレントゲンの設備がありません。そのため、特定健診、会社健診などレントゲンが必要となる健診はお断りしております。また、お問い合わせがあった場合には下北沢駅周辺で健診が可能な医療機関をご紹介しております。どこに連絡して良いかわからないときには、御案内いたしますので、お電話ください。

なお健診で「要精密検査」となった場合の二次健診としまして超音波検査・内視鏡検査(胃カメラ)は保険診療で実施可能です。

生活習慣病Lifestyle-related diseases

生活習慣病とは生活習慣とかかわりの高い歯周病、糖尿病、循環器病(心臓病や脳血管の病気、およびその危険因子である脂質異常症や高血圧など)、そして"がん"という4つの疾患に焦点をあて、生活習慣の改善からこれらの病気を予防すること(未病)を意識付けるために提唱された概念です。クリニックでも特に生活習慣とかかわりのある高血圧、脂質異常症(高脂血症)、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の診断・治療・管理に力をいれています。簡便な検査としてInBody(体組成計:精密体重・体脂肪測定器)による体内チェックや運動方法の見直しから、血液検査や頸動脈エコーによる血管年齢などをあわせ健康管理を行っています。

睡眠時無呼吸症候群Sleep apnea syndrome

睡眠は健康を増進するためにも重要な要素です。クリニックでは睡眠時無呼吸検査を実施しています。検査方法はご自宅へ検査キットをお届けし、ご自宅で検査を受けられます。クリニックの受診は検査前の説明ならびに結果説明の2回となります。検査結果で治療が必要と判断した場合には治療も行います。睡眠の質が気になっている方、いびきや日中の眠気など、気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

もの忘れForget things

年齢とともに新しいことを覚える記憶力が徐々に低下したり、出来ていた事が少しずつ出来なくなる「もの忘れ」は誰にでも起こりうることです。もの忘れには、加齢に伴うものと、脳細胞の破壊に伴う認知症があります。いつまでも元気に過ごすために日常的にアロマセラピーや運動、音楽療法など様々な取り組みを行うことは、脳への刺激を増やしとても良いことです。しかし、もの忘れが認知症であった場合では、認知症の進行や認知症の初期に見られる性格の変化などがお薬により改善する事もあります。「もの忘れかな?」と気になったら、一度クリニックを受診してください。問診や検査から、ご本人・ご家族と相談しながら、生活にあった治療をすすめていきます。

消化器(胃腸・お腹の不調)Digestive disorder

胃腸イラスト

クリニックでは消化器(食道、胃などの消化管と肝臓、胆のうなど)や肛門の病気を診察いたします。必要に応じて腹部超音波検査や内視鏡検査などによる精密検査を行います。
以下の病気や症状が気になる方、また一度はお腹の中を検査してみたい場合にはご相談ください。

逆流性食道炎、胃食道逆流症

主に胃酸の逆流による食道炎に伴う症状で胸やけや胸痛、呑酸(苦い胃液の逆流)があります。ときには、のどの違和感、長引く空咳(咳喘息)など、様々な症状を引き起こすことがあります。定期的に内視鏡検査を行い、食道の炎症の程度を確認し、合併症(腫瘍など)のチェックを行います。内服治療が可能ですが、内服効果が弱い場合や食道裂孔ヘルニアを合併している場合には、専門機関で食道運動や逆流の程度の検査をおすすめします。また必要に応じて手術療法が適応される事もあります。

胃炎・胃潰瘍、十二指腸潰瘍

食事前後の胃部不快感や痛みなどの症状があります。原因には、ストレスやヘリコバクター・ピロリ菌の感染などがあります。内服治療が可能です。症状が強いときには内視鏡検査で胃の状態を確認します。

脂肪肝・肝炎・肝硬変、肝腫瘍

脂肪肝・肝炎初期では、とくに症状がありませんが、肝炎が進行してくると疲れ易くなったり、免疫力が落ちてきます。肝炎が進行すると肝硬変や肝腫瘍を合併する事があります。以前からB型・C型肝炎ウイルスやアルコールによる肝炎・肝硬変では肝癌を合併する事がわかっていましたが、最近では非アルコール性脂肪肝の方でも肝腫瘍を発症する事があることがわかってきています。アルコールを飲まれる方、コレステロールが高い方、メタボリックシンドロームの方にも、ぜひ定期的な腹部超音波検査で肝臓のチェックをお薦めします。

胆石症、胆嚢ポリープ

胆石症は風邪のような症状や食後数時間の腹痛や背部痛といった症状(胆石発作)で発見される方もいますが、症状が全くなく偶発的に発見(健診などで)される方もいます。また過去に急激なダイエットを行った方などに胆石を認める事があります。症状がない若い女性の胆石症の方の中には妊娠中に胆石発作を発症する方もいますので、ダイエット歴のある方、妊娠をお考えの方には一度精密検査をおすすめします。症状がない胆石症・胆嚢ポリープの方は、胆嚢の慢性炎症に伴う胆嚢の腫瘍化や胆嚢ポリープから腫瘍化する事もありますので、一年に一度腹部超音波検査でを受けましょう。

痔(イボ痔、切れ痔など)

痔の症状は、排便後の痛み・出血、下血や肛門周囲のかゆみなどを認めます。痔出血と思っている方の中に、直腸癌などの病気を持っている方もいますので、必ず定期的に診察を受けましょう。痔の脱出が大きく、生活に支障があるような場合には外科治療をおすすめします。

ヘリコバクター・ピロリ感染(ABC検診)

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃炎・胃潰瘍・胃癌の原因菌です。現在の日本人の若年層の感染率は低くなっていますが、50~60代では半数は感染していると考えられています。ご希望のかたには、ヘリコバクター・ピロリ感染検査を行っております(平成28年度から世田谷区在住で年齢によって検査の補助があります)。感染が認められるときには、内視鏡検査で胃の状態を確認した後、除菌療法を行います。

外科outpatient care

一般外来

日常の中で起きるさまざまな怪我やそれに伴う皮膚の炎症などに対し治療を行います。

きず・けが

手当てが必要な外傷疾患、切り傷、擦り傷、とげ、やけど、ねんざ、打撲などに対し、縫合や保存的加療を行います。(重度のねんざや骨折が疑われる場合には整形外科専門医による治療が必要な場合にはご紹介いたします。)

蜂窩織炎

皮膚表面の小さな傷から細菌・真菌感染することにより皮膚が広範囲に発赤・腫脹するものを蜂窩織炎(ほうかしき炎)と呼びます。内服もしくは点滴による抗生物質治療が必要で、場合によっては外科的処置(切開、創部洗浄)を行います。

足先の痺れ、感覚低下

末梢の血流障害(糖尿病や動脈硬化、静脈瘤など)に伴うしびれ、こむらがえりなどの症状がありましたらご相談ください。

お尻の悩み

痔核(イボ痔、切れ痔など):痔の症状は、排便後の痛み・出血、下血や肛門周囲のかゆみなどを認めます。痔出血と思っている方の中に、直腸癌などの病気を持っている方もいますので、必ず定期的に診察を受けましょう。痔の脱出が大きく、生活に支障があるような場合には外科治療をおすすめします。

できもの:肛門周囲やお尻には毛嚢炎・粉瘤・肛門周囲膿瘍といった皮膚表在菌などによる「できもの」が出来る事があります。外科的処置が必要な場合があります。繰り返す場合にはご相談ください。

爪周囲の悩み

巻き爪、深爪などによる爪周囲の炎症を繰り返すことがあります。フットケアでお困りの時にはご相談ください。

皮膚・皮下に出来るコブ

体表に出来た粉瘤(大きなニキビ・おでき)や脂肪腫など気になるようなコブがありましたら、ご相談ください。局所麻酔にて治療を行います。

地域医療連携協力医療機関outpatient care

クリニックでは在宅や外来患者の診療にあたり、必要に応じて近隣の専門の先生へ診療をお願いする事があります。さらに高度な医療が必要と判断したときにはクリニックと登録のあります連携協力医療機関へ紹介させていただきます。また、診療内容によってクリニックで引き続き治療が出来る状態になりましたら続けて通院いただけます。

  • 東邦大学医療センター 大橋病院
  • 国立国際医療研究センター
  • 国家公務員共済組合連合会 三宿病院
  • 国立病院機構 東京医療センター
  • 日本赤十字社医療センター
  • JR東京総合病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 立正佼成病院

Schedule/ 診療時間

 
午前外来
内視鏡
訪問診療
午後外来

:土曜の午前外来は不定期開院のため、下記案内カレンダー等からご確認ください。

休診日:水曜(午後)・土曜(午後)・日祝

*午後の外来診療は訪問診療後となり開始時間が変動します。詳しくは下記の案内カレンダーからご確認ください。

内視鏡検査、午前・午後の外来診療、訪問診療の相談等は、インターネット受付からも承っております。

お気軽にお問い合わせくださいご予約・お問い合わせ:03-3414-5252

MedicalPass24時間インターネット予約

医療従事者の方へ

ENGLISH

四谷メディカルキューブ

世田谷ドクターズ

駅から動画

メディカリスト